トレンド

『新型コロナ』陽性の看護師が夜勤……。医療崩壊は既に始まっている!?

『新型コロナ』陽性の看護師が夜勤をしていたというニュースが入ってきました。

陽性の看護師が働かなければならないなんて、もしかすると医療崩壊は既に始まっているのかもしれません。

そこで今回は、

  • 『新型コロナ』陽性の看護師が夜勤……。
  • 医療崩壊は既に始まっている!?

 

この2点についてみていこうと思います。

 

スポンサードリンク

『新型コロナ』陽性の看護師が夜勤……。

 大阪市生野区の「なみはやリハビリテーション病院」(120床)で120人を超える新型コロナウイルスの院内感染が起きた問題で、感染が確認された女性看護師について、病院側が陽性確認後も夜勤をさせていたことが23日、市関係者への取材で判明した。

引用元:ライブドアニュース

今回のケース、看護師はコロナの被害者であり、彼女が非難されるのは間違いです。

コロナで苦しい中、一生懸命、命がけで仕事を全うしたのです。

ですので、彼女に向けるべきは非難ではなく、感謝や敬意でしょう。

動画はこちら!

SNSでの反応

 

スポンサードリンク

『新型コロナ』医療崩壊は既に始まっている!?

病院側は保健所の調査に対し「代わりの人を手配しようとしたが、見つからないのでやむなく働かせた」と話しているということです。

引用元:Yahoo!ニュース

陽性の看護師を働かせないといけないほどに、大阪の方では人手が不足しているようです。

これは、もう医療崩壊していると言えるのではないでしょうか。

少なくとも、その前兆が起こっているのは確かです。

早くこの状況を打破しなければ、全国規模の医療崩壊が起こってしまうかもしれません。

政府には、その前に対策をしていただきたいですね。

 

スポンサードリンク

『新型コロナ』陽性の看護師が夜勤……。医療崩壊は既に始まっている!?まとめ

今回は、『新型コロナ』陽性の女性看護師が夜勤、医療崩壊は始まっているかもしれないという点についてみていきました。

医療現場の人手不足、ここまで進んでいたとは思ってもいませんでした。

そんな中でも、一生懸命働いてくださっている彼らには感謝しかありません。

本当に、ありがとうございます。